高血圧は加齢につれて上昇する傾向にあります!

高血圧は死に至る病気を引き起こす病気です。日本の高血圧疾患者数は、約4000万人と見られており成人では3人に1人以上の割合となります。そのうち治療を受けている人の数は約700万人ほどとされます。

 

周囲に高血圧の人が大勢いる状況ですが、多いから大丈夫という考えは通用しません。稀な病気だから危険で、よくある病気だから大丈夫ということはなく高血圧の人が多ければ、その数と同じ危険が存在します。自分のためにも早めに療養をスタートしましょう。

 

一般に、年齢を重ねるとともに血圧は上昇する傾向にあり、65歳以上の日本人のうち、約60%が高血圧です。加齢による血圧上昇では、収縮期血圧の上昇が顕著で、

 

拡張期血圧は低くなる傾向が見られます。このため脈圧(収縮期と拡張期の差)が大きくなりますが、脈圧の大きさは、加齢による動脈硬化の進行を示すもので、心筋梗塞などの心血管病につながりやすいという報告があります。

 

よって、高齢で血圧が高い人も、「歳をとったから血圧が高いのだろう」ではすませないで、生活環境因子を改善しながら、血圧をコントロールすることが大事です。

 

なお、加齢によって血圧が上がりやすくなる年齢は、個人差もありますが、男性は30歳以降に上昇傾向が見られ、女性は閉経以降に上昇してきます。

 

閉経後の血圧上昇には、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌量減少が関与していると考えられています。

 

また、男女を問わず、若年期から血圧が高めの人は、年齢を重ねるにつれて血圧上昇の度が増しやすくなります。加齢は、すべての人に関わることであり、現在、血圧が正常域にあっても、将来的に高血圧症になるリスクは誰にもあります。

 

自分に当てはまる生活習慣因子を、早期に改善していきましょう。