血圧を下げる食べ物に「いも類」で高血圧を改善!

いも類は、カリウムを豊富に含む食品の代表格、さらに、ナトリウムの排出を促す食物繊維もたっぷり含まれているので、この相乗効果で

 

高血圧を改善・予防します。実際に、いもをたくさん食べる地域は長寿命として知られ、高血圧の人が少ないという調査報告もあります。

 

また、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれているので、血管の老化防止や便秘予防など、さまざまな効果が期待できます。

 

じゃがいもは調理法が幅広く、毎日の食卓に取り入れやすい身近な食品です。カリウムや食物繊維のほか、ビタミンCも100g中35mgと豊富です。

 

しかも、熱で壊れにくい性質を持つ持つので、加熱料理でも有効に働きます。また、じゃがいもは消化吸収がよく、胃にやさしいため、

 

胃腸の弱い人にも向いています。ただし、カロリーが高いので食べすぎには、注意が必要です。油や塩分を抑えた調理法を工夫して適量をとるようにしましょう。

 

「便秘の時は、さつまいも」と言われるほど、さつまいもには食物繊維が多く、胃腸の働きを高めます。

 

もちらんカリウムも多く、じゃがいもと同様、熱で壊れにくいビタミンCも豊富です。また、抗酸化・抗ガン作用があるβーカロテンやプロテアーゼ阻害物質も

 

含まれています。調理方法としては、栄養がまるごととれる焼きいもがおすすめ、煮物にする時に、しょうがやレモン汁を加えると消化器系の強化にもつながります。

 

 

スポンサーリンク